リフォーム:予算

リフォーム:予算

実際にリフォームを行うにあたって気になるのが予算です。
最初は床を畳ではなくフローリングにしたいとか、高齢者用に段差のない、あるいは少ない住居にしたい。お風呂場を明るくきれいなものにしたいとか控え目な増改築を希望していたのが、リフォーム業者と話しているうちに「ついでに壁紙も新しいものに替えてみましょうか」とか「お風呂場をリフォームするなら、ついでに台所もシステムキッチンを入れてみませんか」とか。ついつい業者に勧められるまま、その気になってしまいがちです。どうせリフォームするならついでに全部、改築してしまおうかとなってしまうわけです。この伝でいくと、あっという間に予算オーバーになってしまうのではないでしょうか。これなら新築の方が早いのではないか、なんてことになってしまいます。こうした事態を避けるためには予算枠の上限内の金額でおさまるようにお風呂が一番最初にリフォームしたいところで、次は玄関、、、という風に優先順位を決めてから取り掛かることです。その上でリフォーム業者から見積もりを取りましょう。また実際に工事を行うと想定外の出費というのは生じやすいものです。たとえばトイレをウオッシュレットにしたいと考えて工事を始めてみたら、まずは、それ以前に電気コンセントを取り付ける作業が必要だったという場合です。
最初の計画の段階で余裕のある予算と金額を想定しておきましょう。